2012年10月15日

義務でなく権利でなく ―過去からの伝意に―

もう平穏が近いのだと思った矢先

ふと触れたノートが

先月
朗読を決めたものの取りやめた悪書の原文

そうか
解放する気はないと
久しぶりに過去の私と対話する

そうか
当時そんな状況下だったのか
忘れていた記憶が甦る


そうして
ノートの最後に挟まれた
2枚の作文用紙

開けば

今私が書いたのかと思うほど
重なり合う心情

されどその後獲得した
いくつかの手段

お前
過去の私
お前からの伝意(でんい)
私に託してくれるのか

今これを世に開けと
お前たちがこぞって私に迫るなら
開かねばなるまい
いいや
開いても許されるのだろう

…いいや
義務でなく権利でなく

ただ
これを開けば良いのだね
posted by わたなべ かおる at 08:19| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

あの夜々が遠くかすかなのだから

想っても
想っても
想いは
届かなかった

泣いて
泣いて
泣き続けて
涙も涸れた

あの日々が
あの夜々が

今こうして
遠くかすかなのだから

きっともう
平穏に近い
posted by わたなべ かおる at 23:18| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

興奮さめやらず

丸一日経っても
言葉にならない
posted by わたなべ かおる at 23:41| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

できるならもう一度

笑って
泣いて

喜怒哀楽

嬉しくても
泣いたり

瞬間
瞬間
切り替わって

瞬間
瞬間
新しく生きて
posted by わたなべ かおる at 23:17| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

穏やかな秋の始まりを前に

一番やわらかい心から
直結して
言葉を
どうにか並べて

私は確かに気狂いだろうけれど
こうでなければ生き長らえなかった
こんな私にも親はあって
自分勝手に逝くわけにはいかなかったから

生きるだけ
ただ生きるだけ


耳が
どうにか開いて

この世に
戻って来れたのだと知る


私を笑うすべての人々を許そう
あなたがたに私の傷の深さがわからないのは
それだけ幸せに生きて来たのだろうから
この世に不幸など少ないほうが良い
だから私はあなたがたの平和を喜ぶ


言葉と戯れ
皮膚から呼吸し
夜が明ければ

ただ私が私を生きてきたが故の資質のみで
人々の感嘆す

…ああ
私が私であることを
喜ばれるだけが望みと
言葉にしたその直後にこんなにも成るのか

無論
一番やわらかい心は
内に仕舞ったまま

しかしきっとそれも
やがて道は描かれよう


きっと
明日が私を未来へ運んでくれている
posted by わたなべ かおる at 21:16| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

残響さえ

おかしいな

形が
よけい
わからない

祈る神さえ
見えない


呑まれて
墜ちる

こんなはずじゃ
なかったのに


遠い
すべてが


大丈夫
体を窓に運ぶ気力すらない


こうして
朝さえ来れば
大丈夫
街が動きだせば
他人の目があれば
大丈夫
私は
滅多なことはできない


夢叶わぬまま
果てたら良い

道半ばと
人々の語り継ぐ


残像ばかり
残響さえない

あなたの声も
あの人の声も

石化した鼓膜には
響かない


私を閉ざしてその内で破壊せよ
(ナラヌ)


完成してもどこへ飾るんだと下絵だけのステンドグラス
(今 あの家の廊下に居た
 木の廊下の確かな手触り)

鈴虫
中身の入ったセミの抜け殻
今年こそは黄色いコスモスを
(記憶が混線している)



この路線沿いの
飲み屋の
鉄道博物館
co-op前の交通標識の変遷

マイミクになっていただけますか
いやまた何で
実は以前云々

携帯電話が震う
夢から覚める
今日は仕事だったろうか
違うアラームじゃなくて電話だ

こんにちは
先日は
なに寝てたの
いえぼんやりしてて
電話したのはね
パソコンのこと
この前教わったでしょう
あれまたわからないんだよ


需要さえあれば
生きてはいられる

ずっと影だった私の生き癖

幹から伐られた枝は枯れるしかない
いいや植物なら挿し木で増える

幹として生きることなど
望んだことはない
枯れてしまえば良かった
枯れてしまいたかった

枯れることさえ許されず
幹にすがり続けることも許されず


遠い

夢を
破壊して

幸せな夢に
目覚めたはずなのに



何かが
かみ合わない
posted by わたなべ かおる at 09:25| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

残像

私は私の形を静かに探っている

大切な時間を前に
私を整えようと

決して必死でなく
あくまで緩やかに


もう少しで
まとまりそうなんだが

言葉にさえ
拾いきれないほど
細かな粒子にまで
還元してしまっている

すでに冬によって


望みは
温もり
交わされる言葉
愛しき
限られた

勝敗を超えたトランプ・ゲーム
キノコとタケノコの替え歌
黄緑色のパンダ
オリジナルの

歌たち

あなたの

痛みは

まだ私に残っている


救うことはできない
あなたの最大の敵は
あなた自身だから
変わらず



あなたを想えば私が傷付く構図は
あなたがあなた自身の敵であるがゆえ


それでもなお


…愛していた



私が私である限り
あなたを救う資格すらない

…否

今こそ

私が私であるがゆえに
あなたの手を引こう
posted by わたなべ かおる at 00:00| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

2012年10月8日(月・祝)

無料放送であの映画を偶然
耳を澄ませて
涙浮かべながら
ああやっぱりすごいと
感嘆しながら

街を歩けば
冬は優しく肌にまとわりついて
あの故郷の空気の色とにおい
(こればかりは
 言語化保存不可能)

餃子食べて
お寿司食べて

ハンバーガー屋さんに
TAKE OUT(TO GO)って掲示
TO GOだTO GO
TO GOだってTO GOって書いてある
TO GOだTO GO

落ち着けよ私(笑)
落ち着けませんがな(笑)

泣くなよ私
泣かずにいられませんがな


あんまり素敵な偶然ばかりに
彩られた休日満喫
メルマガも書かずに
つい眠っちゃいました
posted by わたなべ かおる at 05:31| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

生きるために必要なものさえ

この国は
心の育て方を知らない

制度で縛って人間が動くなんて
本気で思ってるのなら
あまりにバカにしてる

もし縛れたとしても
仕方なく来る人間に
まともな働きができるもんか

必要なものを
必要な精度に仕上げて
必要な場所で役立つよう
必要な能力を育てる

その根底に
最大の素質としての
意志と決意

ただそれだけのシンプルが
どうして成らない


生きるために必要なものさえ
満足に供給できない社会の
どこが豊かなんだ

生きるために必要な最低限を
見極められない人々の
満足なんか有り得ないことがわからないか

足るを知れ
足るを知れ
何が幸せか

もう私は君たちのことなんか知らない
posted by わたなべ かおる at 23:10| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

たくさん

楽しかった
ありがとう
posted by わたなべ かおる at 23:59| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

尽きぬ話に夜は更けて

寿司食いねぇ
寿司食いねぇ

寿司食って
粉もん食って

北の都の話
裏側の大陸の話

笑って
驚いて
話は尽きず

洗い髪にジャージで
東京歩く日が来るなんてね

笑って笑って
こうやって

毎日が
過ぎたら良い
posted by わたなべ かおる at 23:55| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

相変わらず瞬間湯沸かし器 だけど

弱者は切り捨てて当然

いとも簡単に言い放つ
恥知らずな若者に


両手両足切り捨てて
砂漠の真ん中に置いてやろうか

そう思ってしまう私は
やはり
過剰なんだろうな


それでも

弱者を切り捨てなければ間に合わない
そういうスピードで生きるよう
強いられて来たんだろうと
若者の来し方を思い

以前よりは穏やかに
対応できるようになったのは


相手を許したいわけじゃない
私はただ
私自身が怒りにかられると
その感情を沈下させるのが手間だから

相手をできる限り理解することで
さもありなんと思えることを増やして
私をできる限り穏やかに保ちたいだけのこと


それが結局は
無理なんだろうが
まあ
いいじゃないか
posted by わたなべ かおる at 20:13| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

そんなことは

急に冬が来たから
きっと凍りついてしまったんだ

体が動かない
心が動かない

そんなことは

誰にも
きっと関係ないんだ
posted by わたなべ かおる at 23:49| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

残りを指折り数えるには

自分を開くって
むつかしい

自分を許すって
むつかしい

なんにもしなくても
時間はいつか尽きてくれる

それまで待つのは
ちと長すぎる

バーゲンセールでもしますか
posted by わたなべ かおる at 23:57| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

なりたかったのは

今日もチャンバラ
昼間は仕事
予定やりくりして
ご馳走も食べて

なんだか笑っちゃう
本番前の最後の練習なのに
みんな真剣なのに
だって面白くて


小さい頃から
なりたい職業なんてなかった
なりたかったのは

猫になりたい
鳥になりたい
どうにかヒトガタのものなら
魔法使いになりたい


叶わないのだと知ったときから
私の人生は終わってる


今だって別に
役者になりたいわけじゃないけど
ただこの場が面白いから
こうしてここにいるだけで


魔法使いになりたいなんて
ごく自然に思ったのはきっと
身近に魔法使いみたいな人がいたから
何の不思議もなかったから


何にでも挑み続ける気力と好奇心と
何でもやり遂げる強い意志と
こんなのできて当然と思う向上心があれば

いつか魔法さえも
使えるようになるかと

思ったけれど
むしろなんだか遠ざかるばかりで


猫にも鳥にも魔法使いにもなれないから
生きてたってしょうがない


乗り換え駅でフラリと夜の街へ足を向ける
明日は4時起きでも今を抑えたくはない

ブランド物でも買ってみようかと思って初めてマジマジと見て
肩から札束下げて歩いてるみたいで好きじゃないと思ってきたけれど
ただ純粋に柄が好きじゃないのだと気付いた


人間の文化に興味が持てない
心動かされる人工物がない
社会に組み込まれる手段の仕事を
選ぶだけの憧れがない


生きていたってつまらない
生きていたって意味がない



――それが逆転したのは



魔法使いみたいなのに
限りなく人間な人に出会ったから

本当に何もかもが魔法のようで
けれど
どこまでもどこまでもどこまでも人間で

だから
わかったんだ

人間が
猫で
鳥で
魔法使いなんだ
って

だから
まだ
死ぬことないんだって

だからきっと私は今
生きてて

どうにかして早く
人間になりたくて

きっと

ちゃんと人間になれたら
泣かなくなる気がする


閉店前のスーパーに入って
タイムセールのパン屋さん
これとこれとこれとこれと
気になるパンをみんな取って

言われた金額払うだけ
高いとか安いとかまったくない
お財布の中の小銭が
初めてお金に見えた


生きて生きて生きて生きて生きて
人間こそが魔法使いで
生きて生きて生きて生きて生きて
人間だから猫にも鳥にも魚にも成れて


きっと
生きてさえいれば

きっと
生きてさえいれば
posted by わたなべ かおる at 23:48| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月30日

稲刈って縄なって

楽しい時間は
いつも短くて

台風がきっと
明日の憂いを吹き飛ばしてくれる

なんとなく寄れば
なんとなく人の寄る場とは
どんなものか
少しわかってくる

また新たな出会いに
楽しみ広がりつつ
posted by わたなべ かおる at 19:24| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝手気ままで出会いながら

龍が天へ昇るのを見ました

おいしいお魚を食べました

クルマがしゃべりました

夜が始まりました


明日は台風
もうちょっと待ってね
posted by わたなべ かおる at 00:01| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

3年先の夢

あと一年半で
プロジェクト終わらせて
仕事みんな断って
世界一周の旅に出ようね

世界一周すれば
それだけでキャリア
物珍しさから
喫茶店にお客さんが来るよ

旅行しながら
ライター業もしよう
世界から日本語で発信する
愛する語国へ向けて


喫茶店には
音楽を流そうね
メニューを置いて
本も並べて

流そうね
流そうね
もう今からだって
ただそれだけでいいんだけれど

お客さんたくさん
来てもらえる喫茶店作って
音楽を
音楽を

流そうね
posted by わたなべ かおる at 21:52| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

巣立って解き放たれよう

昨日も今日も
勘が良いから

雰囲気読んで
無理はしないで

それでもふわふわ

うん
もういいよ
今までありがとう

そう思いながら

またメールくださいね
はーい

なんて
簡単に嘘のお返事



ううん
嘘じゃないよ

またここで
ぜひここで
って
思えるようになったら

帰ってくるから
posted by わたなべ かおる at 23:41| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

今日も終わる

昨日迷いながらも約束して
今日お友達と会ってしまえば
歓談

好みだろうなぁと思ったお店でランチ
思ったとおり気に入ってもらえて

店内の地図を眺め
異国の風を想い


生きようか
生きてようかな
ぼちぼちと
それでいいのかも


愚痴をこぼしたくないから
書き慣れない読み手限定の日記
コメントもらって
返事したら誤解は解けて

会話は
大事だよなぁ


やること
やりたいこと
やりたくないこと
やりたいこと
もうそろそろタイムリミット
でも先に
やりたいこと


遠方の小さな逃亡者から電話
その後少し好転しつつあると報告

「語り」なら私はとことん聴くが
「会話」に違和感があると
若いのに相変わらずなかなか鋭い分析
今日の私は「会話」できていたんだろうか


お気に入りのパン屋さんで
今日はプリンが特売
商品研究
商品研究
経費だ経費
プリンひとつください
はい100円です
30円お得
あとでゆっくり食べよう


充実した
申し分ない1日
けれど

やりたいことも
やらなきゃならないことも
昨日のままで今日が終わる

神様
神様
どうか
勇気をください

神様
どうか私に
嫌われることを怖れない勇気をください
posted by わたなべ かおる at 23:59| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。