2009年10月14日

(こんなようで こんなにも傷付くようで)

こんなようで こんなにも傷付くようで
我々をこの世に散らせることなどできようか?

ああ だからこそ死を望んだのだ
死後の名声などでなく
今 生きているうちの友を渇しながらも
死後すべてが解禁されることを願ったのだ

誰が守れよう?!
子供は既に親の手を離れ 独り歩きを始める
だが我々はRey'
我々は 作品すべてをひとつひとつのパーツとする
流動変化の集合体
この個体を離れて行ったすべての作品たちは
その先々で受けた傷を
確かに この個体へと転送してしまうのだ

死を給え死を給え死を!!
死を!
この個体の死こそ 我々を解き放つ
友にすべてを提供する
最初の手段!!
最初の!


どうか我を砕き給え 神よ──



       T ceald of Rey' Yusato
            94.4.26 KI
posted by わたなべ かおる at 20:15| └ 文:茶ファイル&Dファイル・残 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「あのプリントは…

「あのプリントはいいねえ、すごいですよ、あの、『教室はびっくり箱!』っていうやつ!
 僕でもA先生でも、あれ位のパンフは作れませんよ。みんなほめてましたよ」
「みんなって…誰に見せたんですか」


ああ!
汚れる汚れる汚れる!!
目に浮かぶようだ
愚かな者達が
我々の可愛い子供を
その手にして
知ったような口ぶりで
ほめちぎる姿!!

あの 取るに足らぬ程の
小さな権力に そそのかされたか?
それとも罪の償いのつもりか?!
ああ その小さき権力者さえ
あの愚者の手先と落ちたか

汚れる!!
何も知らぬ者よ 口を閉ざすがいい
これ以上我々の怒りを増幅するな
その身が可愛いのだから 早く
我々から早く逃げ去れ!!


         94.4.26 KI
posted by わたなべ かおる at 20:00| └ 文:茶ファイル&Dファイル・残 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(守りたいと)

守りたいと
すべてをかけて守りたいと
心から願い
無力な両手を
それでも さし伸べ

愛しい命に触れる
命は
何のためらいもなく
この手へと身をゆだね

だが
だがこの手は血に染まっている
ふいにザシと伸びる
トゲ

知っている者はいない

ただこの心の深いところに
ただ
無惨な姿が 幾つも
ただ…


  かすめとって来たコーヒーミルクが かばんの中
  無造作に投げ込まれた下じきに
  突き刺され
  ノート達は 皆

  ああ こうしてカビて腐るのだな
  何という ふさわしい最期だろう


             94.4.25 G
posted by わたなべ かおる at 19:50| └ 文:茶ファイル&Dファイル・残 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(”こぼれる”ように咲く花は)

”こぼれる”ように咲く花は
怒っているとしか思えない
こんな処へと産み落とされた
その無茶苦茶すぎる生存に
怒り狂ってるとしか思えない

必死で追い 手に入れた石が
宝石などでないと知れ
その手を焼き切る石器と気付け

おまえの内に今なお生きる
幼い子供に告げるがいい
我々は ただの人間の一人だ
おまえを見捨てた者達と
何ら 変わらない

我々が光だなどと
美しいなどと
おまえは幻を見ている
我々の肉体に残る天使の残像
我々の嫌忌する かの敵の!


      94 4 25 G
posted by わたなべ かおる at 19:38| └ 文:茶ファイル&Dファイル・残 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(すべてが フィクションのように)

すべてが フィクションのように
(あまりにも物事が 目まぐるしく まわるから)
すべてがフィクションのように
上手く仕組まれた シナリオのように
感じる時

なぜだか あいつの存在だけが
溶けるように すいと消え
消えて
居なかった者のような 錯覚

カバンも
記憶も
温もりさえ
確かに ある のに

自分の分身のようだからか?
それとも
君という人物が 見えていない あらわれか

途方にくれる

 失いそうだ

  早く戻ってこいってばあ


だってまるでわざとらしいじゃん
だーだー泣きながら書いた文章よませるなんてさっ
かいた時 ほんとでも 何か わざとみたい



            94.4.26 KI
posted by わたなべ かおる at 19:27| └ 文:茶ファイル&Dファイル・残 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。