2013年10月24日

日記:2013年10月23日(水)

しばらく連絡を取っていなかった友人に、昨日メールをした。
今日、仕事が終わって携帯電話を見ると、着信履歴があった。

電話をもらっても、またメールを送るだけ、ということが多い。
こちらからかけ返すことは、ほとんどない。
向こうが望めば話す、という位置関係を保つ。

そんな私が、珍しく、電話をかけ返した。


こちらから先にメールを送った、というのもある。
以前、とてもお世話になった、というのもある。
でもたぶん、一番の理由は、
彼女が一時期、大島で暮らしていた、ということだろう。

わずか、半年だったか一年だったか、あるいは数か月だったか。
けれどその短い島暮らしの間に、私は彼女を訪ねた。
そして彼女が島でお世話になっている人々にもお会いした。

安否を気遣うほどの近しさが、ない。
ただ、気には、なる。

こういう距離感は、対処が難しい。


私はただ、彼女がどう感じているか、
それが気がかりだった。

彼女自身は本州に戻っている。だから無事だろう。
でももしかしたら、その後も交流が続いていたかもしれない。
彼女がひどく追い込まれているような、
そういう状況でないかどうか、それが心配だった。


電話をすると、留守電だった。
名乗り、電話のお礼を言って、「じゃあまたー」とだけ吹き込んだ。

…何が「また」、なんだか。

また電話ください、また電話します、またメールします、云々。
考え得るいくつかの選択肢から、ひとつを選び取ることを避けた。
私は私を許そうとしている。
また電話します、と言って、相手から先に電話が来たら、詫びてしまう、
そういう私に、縛りを与えまいとしている。
電話ください、と勝手に言って、相手が電話をくれないことに苛立ってしまう、
そういう私に、相手の行動を規制させまいとしている。
私は私を許そうとしている。
未来を開いたまま置いておこうとしている。
…良い流れだ。
何が「また」なんだ、という批判さえ思い浮かばなくなる頃には、
もう少し、私は私を好きになっているだろう。
私をこの世に置いても良いと思えるようになっているだろう。


朝の8時に電話をもらい、
夜の21時にかけ返した。
ほんの30分後、彼女から電話があった。

「はーい」
『やほー!』

相変わらずの、明るい声。

その裏にある悲しみを。
忘れることはできない。

(中略)

近況をいくつか、報告しあう。

『大島大変だねぇー』

彼女が言いだすまで、私は触れないでいた。
少しは、そういう配慮ができるようになったか。
良い流れだ。

「ああ、どうなってるかなぁと思って」
『まぁ、大丈夫でしょ。あはは』

それだけで、察する。
この件は…ここまでだ。


『来月あたり、また中華街行こうよ』
「おお、いいねぇ」

今は、今を。
かかってきた電話にかけ返さず、またかかってくることを待つように。
ただ私は、需要のぶんだけ、生きていたらいい。
ただ私を、置いてもらえる場所で、生きていたらいい。

そうして、いつか、
巡り巡って、
私の居たい場所に、需要ができたらいい。


その日まで。
今は、今を。
posted by わたなべ かおる at 00:53| 創作・文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

役目を終えたから

作品の公開に
慣れること

毎日書くのを
習慣にすること

ふたつの目標は
そろそろ
達成されたと思うので

メルマガ発行
および
ブログ更新

休止します

今後は
ステージを変えて
書いていきます

約二年間
ありがとうございました



   育睦 途路
posted by わたなべ かおる at 23:59| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

夜中の飲み物

母が
ココアを作ってくれる

私は
あんまりきめ細かい
純ココアの粉末に
純などと書いてある
高級そうなパッケージに

もったいないよ


言ってしまう


自分に費やされる一切が
もったいない
もったいない
もったいなくて
受け取りきれない


「ポン酢でも飲む?」と
言われたと
聞き違い

聞き違いなのに

それはあり得ると
思ってしまう私の
記憶から引き出される

悲しみは

けれどそれが私で
だから

posted by わたなべ かおる at 23:20| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

きっと今なら

手触りが
ある

こんなにも
こんなにも

また
折り紙も
お菓子も
喜ばれた

作ってみたいもの
作ってるところ想像するだけ
じゃなく

ちゃんと
本当に
現実
作っている今

作れている今


幼い頃を
生き直している

あの頃
スクリーンでしかなかった現実を

生き直している

私が私であることを
伝えて
伝わって
返事があって
また
私から発して


まだ
現在まで
届かない

まだ
幼い私を
引き連れきれない

もう一度
もう一度だけでいいから

呼ばれて
はい

笑顔で元気に
おへんじがしたい


きっとそれで
この世と繋がりきる

人が怖くなくなった今だから
私を愛せる今だから
気持ちは変わらないから
過去と未来を繋ぐから

輪郭が
あるだろう
きっと私の輪郭が
今なら
あるだろう


(あるいは
 過去は
 あとから
 スクリーンにしてしまったんだ
 現実だったと認めたくないすべてを
 二次元に封じようと)

…お前
傷付きすぎた私
もう
大丈夫

願いが届かないとしても
それも現実として受け入れられる

(そうだだからいつだって
 自分の主張が通らないと苛立つ過剰
 その痛みが溶解している)

私は私を許せなかっただけだ

私の暴力を
その破壊力を怖れていた

怒りに満ちた私を
この世に置きたくなかった



きっと
posted by わたなべ かおる at 17:37| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

クリスマスカード2012

サンタさんから
今年は
カード届いた

でも
書いてある

よい子のところにしか
サンタさんは来ません


うん
とにかく

できること
しよう
posted by わたなべ かおる at 23:20| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

初めて吹いた

太鼓たたいて
ホラ貝吹いて

誉められると
子どもになっちゃう

てへへ

ああ
だから
叱られてるくらいが
ちょうどいい
なんて
思っちゃうのかな

お行儀良くするなら
シュンとしてるくらいが
ちょうどいい

でも
でもでもでも

誉められたい
誉められたい
誉めてもらえるくらい
おやくにたちたい
posted by わたなべ かおる at 23:01| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

御用納め(2012)

飲んで騒いで
余興に踊って歌って

今年は
酔いにまかせて
台詞も

久しぶりの顔出しに
心配なんてされたり

いつもの話に
夜は更けて
posted by わたなべ かおる at 22:53| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

ぐるりと巡って以前より少し

清い場へ
久しぶりに足を運べば

人々は
なぜか変わらず
歓待してくれる

何もできない
役に立つことのない立場の
私なのに

後輩として
同期として
先輩として
歓待してくれる

人々の
その
優しさ

ぐるりと巡って
私は
以前より少し
それを

私の受け取って良いものとして
感じている
posted by わたなべ かおる at 19:45| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

びっくりしないし

人生
山あり谷あり
って
言うけど

生きてれば
ケガもするし

生きてれば
病気もするし

生きてるから
生きてるからこそ
いつか
死んじゃうんだし

みんなみんな
当たり前のことで
posted by わたなべ かおる at 23:57| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

笑顔と青空の空中回廊

昨日も今日も
盛りだくさんで
今朝は何時に起きたのかも
もう思い出せない



快晴の街を散歩して
空中回廊へ昇れば

遠くのあの山
もう何十回と訪れても
こんなにはっきり見えたのは
数えるほどしかない

晴れ女ですか

そうなんです

答える笑顔は
あまりにも明るくて


おいしくて安いランチ
はしゃぎっぷりに親近感

人を喜ばせること
たくさんご存知ですね

そんなふうに評されても

喜んでもらえるかどうかは
その人によるので

悲観的なことを言うと
共感して顔を曇らせる
とても悲しませたようで
胸が痛むから
慌てて付け加える

喜んでくれそうな人だけ案内してるから
大丈夫ですよ

パッと輝く笑顔


ああ
神様
私は
こんなふうに
微笑めていましたか


まったく価値観の違う人が
どうしたら喜ぶのか
試行錯誤したこともありましたよ

私は
お付き合いできないです


その素直が
あなたをそんなにも
真っ直ぐに保つのなら


ああ
神様
私の素直は
私の悲しみに封じられているのですね



昨日も今日も
盛りだくさんで
それでも反芻する笑顔と青空

私もまた
いつか微笑めるなら
posted by わたなべ かおる at 23:55| 一方通行私信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。